平成20年度 空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会 近畿支部研究発表優秀論文

平成20年度空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会
近畿支部学術研究発表会奨励賞の選考結果について

(社)空気調和・衛生工学会近畿支部
支部長 加賀 昭和
学術研究発表委員会主査 下田 吉之

 空気調和・衛生工学会近畿支部では、平成21 年3月18日に開催されました平成20年度近畿支部学術研究発表会に際し、「近畿支部学術研究発表会奨励賞」を選定することとし、慎重に審査した結果、下 記の6編の論文を選考いたしました。


A- 9 次亜塩素酸水噴霧による悪臭物質の消・脱臭効果に関する研究
(その1)メチルメルカプタンに対する気中濃度減衰効果の定量化【PDF 134KB】

古芝由希子(大阪大学)・相良和伸(大阪大学)・山中俊夫(大阪大学)・甲谷寿史(大阪大学)
桃井良尚(大阪大学)・九野朱美(大阪大学)・三浦満雄(日建設計)・粕谷浩司(日建設計)
田辺慎吾(日建設計)・辻裕次(清水建設)

[審査評]本論文は、病院等における 悪臭防止対策として、次亜塩素酸水を噴霧することにより、換気回数を低減することを目指した研究の一環として、実験室による脱・消臭剤の噴霧実験、反応理 論に基づく計算結果との比較について述べたものである。粒子径と消・脱臭効果の関係を明らかにするなど研究内容全般が高く評価され、また発表のプレゼン テーション力についても高い評価があり、奨励賞に値する論文と判定した。

  
A-20 バックトラジェクトリ法による花粉排出源の推定【PDF 1,284KB】

山尾恒(大阪大学)・近藤明(大阪大学)・加賀昭和(大阪大学)・井上義雄(大阪大学)

[審査評]本論文は、花粉の飛散シ ミュレーションをおこない、軌道を追跡することで人口集中地域に飛来する花粉排出源を特定し、花粉飛散を軽減できる森林管理施策へとつなげることを目的と したものである。シミュレーション結果は観測値ともほぼ整合しており、大阪・京都の排出源の違いを明らかにしているなど、研究の新規性および工学応用性が 高く評価され奨励賞に値する論文と判定した。

  
A-26 室内外流管解析に基づく通風量予測法に関する研究
(その10)流管内エネルギーの散逸量及び輸送量に関する基礎的検討【PDF 7,651KB】

小林知広(大阪大学)・甲谷寿史(大阪大学)・相良和伸(大阪大学)・山中俊夫(大阪大学)
桃井良尚(大阪大学)

[審査評]本論文は、室内外の流管内におけるエネルギーバランスに基づいて建物通風量の簡易予測手法の確立を目指した研究で、CFD解析により、開口条件を変化させた場合の通風経路全体でのエネルギー散逸量の輸送量を算出したものである。粘性消散の空間分布から流管内パワーロス中の乱流渦の粘性消散要素が大きいことを示すほか、流路全体のエネルギー損失分布について詳細に考察しており、学術貢献性やプレゼンテーション力が高く評価され、奨励賞に値する論文と判定した。

  
A-39 都市空間における植物単体の熱収支特性に関する研究【PDF 1,073KB】

片岡由美(大阪府立大学)・新居宏亮(大阪府立大学)・吉田篤正(大阪府立大学)
木下進一(大阪府立大学)

[審査評]本論文は,都市空間内の植栽や街路樹などの孤立した植物を想定し,単木樹木及び鉢植え植物を対象として孤立植物の熱収支特性の測定を行い,都市空間における植栽の効果を定量的に評 価した研究である.植物からの潜熱輸送量とともに,葉面の熱伝達率や樹木の蒸発効率も算出されており,工学応用性の高い点が評価され,奨励賞に値する論文 と判定された。

  
A-64 大阪市を対象とした交通・民生部門のCO2 排出量削減手法の評価【PDF 197KB】

前田秀人(大阪大学)・山口容平(大阪大学)・下田吉之(大阪大学)

[審査評]本論文は,大阪市を対象として交通部門のCO2排出量の推計と削減手法の評価を行うとともに,将来の人口減少による交通部門,業務部門,家庭部門におけるCO2排出削減量の推計とより効果的な削減手法を検討した研究である.想定される幾つかのCO2削減手法の評価が定量的に示されており,研究内容の新規性及びプレゼンテーションのアピール力が高く評価され,奨励賞に値する論文と判定された。

  
A-69 伝熱シミュレーションによる外気導入建物蓄熱の運転法の検討【PDF 121KB】

熊田瑶子(大阪大学)・山際将司(大阪大学)・相良和伸(大阪大学)・山中俊夫(大阪大学)
甲谷寿史(大阪大学)・桃井良尚(大阪大学)

[審査評]本論文は,外気導入建物蓄熱の蓄熱性状を実測調査により把握するとともに,伝熱シミュレーションにより最適な運転方法を検討した研究である.実測調査より外気温度等の外部条件が蓄熱量に及ぼす影響が考察され,伝熱シミュレーションによりファンの消費電力量と蓄熱量との関係から最適な風量が検討された。学術貢献性の高さや工学応用性などが評価され,奨励賞に値する論文と判定された。


公益社団法人 空気調和・衛生工学会 近畿支部
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11Fインキュベーションオフィス6号室  TEL:(06)6612-8857  E-mail:office@kinki-shasej.org