地区講演会(大阪)省エネルギーを考えた空調システムの設計の在り方

taitl.gif
>> 地区講演会(大阪)
   省エネルギーを考えた空調システムの設計の在り方


要旨 : 
 空調設計では余裕を見込んで設計をする。適正な余裕は"ゆとり"であるが、過剰な余裕は運転効率の低下を招き、省エネルギーに反することになる。

 本報では、OA化や都市温暖化による消費エネルギーへの影響、空調の設計における余裕率と消費エネルギーの関係、負荷計算の条件設定や予冷予熱時間の条 件設定と消費エネルギーの関係などについて、シミュレーションによる試算を行い、省エネルギー性の視点より空調設備の設計を再考した。



主  催 :    (社)空気調和・衛生工学会近畿支部

日  時 :    平成16年4月23日(金)14時-16時

会  場 :    大阪管工事会館 2階大会議室

講  師 :    中部大学工学部建築学科教授 猪岡達夫

定  員 :    70名

受 講 料 :   無料

申込締切 :   先着順(定員になり次第締切ります)

申込方法 :   ハガキ又は FAXかメールで「地区講演会」と標記し、氏名・
          勤務先(住所・TEL・FAX )を記入し、近畿支部あてにお申し込み下さい。
          聴講券をお送り致します。

申込先 :     〒531-0072
          大阪市北区豊崎3丁目8番11号 大阪管工事会館
          (社)空気調和・衛生工学会近畿支部
          TEL 06-6373-0675
          FAX 06-6373-0676

お申し込み終了
公益社団法人 空気調和・衛生工学会 近畿支部
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11Fインキュベーションオフィス6号室  TEL:(06)6612-8857  E-mail:office@kinki-shasej.org