未利用エネルギーを活用した空調システム

未利用エネルギーを活用した空調システム

  京都議定書の発効により、二酸化炭素排出量削減が現実の課題となっている。わが国の二酸化炭素総排出量の約3分の1を占める建築関連分野での一層の削 減が期待されている。二酸化炭素削減の手法として、未利用エネルギーの活用には大きな可能性がある。未利用エネルギー活用した空調システムの最新事例とし て、河川水と地中熱を利用したシステムについて報告する。

主  催 空気調和・衛生工学会近畿支部
協  賛 建築設備技術者協会近畿支部
日  時 平成17年9月27日(火) 15:00-17:00
会  場 大阪管工事会館
題  目 1)
事例1: 河川水を利用した地域冷暖房システム
報告者: 吉成晃一 関西電力(株)土木建築室
内 容: 「中之島三丁目地区地域熱供給施設」における河川水利用システムの概要と運転実績 について報告する。
2)
事例2: 地中熱を利用した空調システム
報告者: 金政秀 (株)安井建築設計事務所 設備部
内 容: 「ヨンデンビル新館」における建物杭を利用した地中蓄熱システムの概要と省エネル ギー効果について報告する。
参加費
環境工学研究会会員: 無料(会員証をご提示下さい)
非 会 員: 2,000 円(資料代を含む)
申込方法   17年9月9日(金)までに、TEL 又はFAX、メールにて、下記までお申し込み下さい。

(社)空気調和・衛生工学会近畿支部
〒531-0072 大阪市北区豊崎 3-8-11 大阪管工事会館
電話(06-6373-0629) FAX(06-6373-0676)
E-mail:enomoto@kinki-shasej.org

公益社団法人 空気調和・衛生工学会 近畿支部
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11Fインキュベーションオフィス6号室  TEL:(06)6612-8857  E-mail:office@kinki-shasej.org