環境工学研究会(大阪) 「脱炭素社会実現に向けたイノベーション技術」

脱炭素社会実現に向けて、サプライサイドのみならず、デマンドサイドにおいても一層の省エネルギーが必要で、火急の対策が求められている状況にある。一方、これまでの省エネ技術の活用だけでは限界があり、これまでの概念をブレイクスルーする革新的な技術の創出が望まれているところである。今回は、AIによるデータ活用型省エネ技術(サービス)について紹介する。

 

主催:(公社)空気調和・衛生工学会近畿支部

協賛:(一社)建築設備技術者協会近畿支部

日時:2021年11月19日(金)15時~17時

  会場:ZoomによるWEB配信

 

講演題目・報告者・内容

  • 世界初!デジタルテクノロジーを活用した空調制御技術

内容:
IoTやAI等のデジタルテクノロジーを活用し、人流や温熱環境の計測と予測に基づいて、最適な空調制御を行う技術を世界に先駆けて確立。空調におけるCO2排出量の大幅削減(40%超削減)とコロナウィルス除去を同時に実現する最先端技術について紹介する。

報告者:長廣剛(神戸大学・特命教授)

 

  • 空調運転データを活用した設備設計の最適化とクラウド型遠隔空調技術(サービス)

内容:
コネクテッドタイプ空調機のコントロールと運転のデータを送受信するネットワークシステムにより、遠隔できめ細かな運転制御を行うサービスについて紹介する。

報告者:桐木 学(ダイキン工業株式会社)

 

  • AIとナッジ理論に基づくエネマネサービス

内容:

2020年度、省エネ大賞受賞。行動経済学「ナッジ理論」により、社員の省エネ活動が無理なく継続できる、AIを活用したクラウド省エネ支援サービス「エナッジ2.0」を紹介する。

報告者:佐々木 健太(関西電力株式会社)

 

 

参 加 費:環境工学研究会会員 無料、非会員2,000円

 

振込先:三菱UFJ銀行 大久保支店(店番364) 普通預金   1071778

公益社団法人 空気調和・衛生工学会

 

開催1週間前までに参加費のお振込みをお願いいたします。振り込み確認後、閲覧に必要な情報をメールで送信させていただきます。受講料は払戻し致しませんので、当日参加できない場合は代理参加も可能です。金融機関の払込受領書、もしくは払込完了画面をもって領収書に代えさせていただきます。振込手数料は、申込者にてご負担下さい。
申込方法  ご希望の方は、2021年11月12日(金)までに以下へお申し込みください。

 

公益社団法人 空気調和・衛生工学会近畿支部

〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11F

電話(06-6612-8857)   FAX(06-6616-7098)

E-mail:office@kinki-shasej.org


公益社団法人 空気調和・衛生工学会 近畿支部
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATC/ITM棟11F  TEL:(06)6612-8857  E-mail:office@kinki-shasej.org